<< 祝 婚約 | top | リート、ウチを買う・・・ >>

膀胱ガン

みなさん、こんばんは。

リート@寒波きましたねー!です。

 

関東で11月に積雪?降雪?あるのは何十年ぶりとか??

ちょっと雪かきしないといけないかなーと思ってましたが、

翌日も道路がガチガチに凍る事なく、ちょっとホッとしてます。

 

年末に向けてますます寒くなるんでしょうかね〜!

熱燗やりながら、ふるさと納税でもらったフグ刺しを食べようかと思ってます(笑)

 

 

さて、今日のお題は「膀胱ガン」

久しぶりに専門的な話題ですので、興味のない方はゴメンナサイ。

 

今の職場は泌尿器科はないのですが、この半年で出会いましたよ(汗)

泌尿器系のガンと言えば膀胱ガンの他、腎臓ガンや前立腺ガンなどありますが、

そんなに大きな職場でないため、出会う事はないだろうと能天気にエコーに勤しむ日々(笑)

ま、エコーない日の方が多いのですが(爆)

 

まずは、慢性腎炎の既往がある男性患者で血尿が最近出てきたので、腎臓のチェックの依頼。

サイズ(縦径・横径)、形、CECや皮質のエコーレベルが一般的かと思いますが、

私の場合はさらに、短軸で厚さ、皮質厚、さらに腎動脈のflowよりRIを出します。

 

エコーしながら、CKDなんだろーなーとか思いながら、

血尿あるし(顕微鏡的血尿だけど)、ないと思うけど、リスクファクターだし、

念のため膀胱をチェックしたら・・・いました(爆)

カリフラワーみたいなやつに拍動性のflowあり、尿沈さを追加したら異型細胞!

腎臓内科のドクターもさすがにビックリしてましたが、これがエコーのマヂ怖いところ。

ちなみに、この患者様は他の中規模病院の受診歴がありましたが、膀胱は完全にスルーしていたようです・・・

 

話は変わって、実は最近もう1件膀胱ガンがありました(多いわっっっ)

今度は食欲不振で膀胱炎を繰り返している女性の高齢の患者さん。

 

スクリーニングでエコーの依頼があったので、尿検査をしてからmalignancyのチェック。

腎臓に結構ゴッツイ水腎症があり、尿管を追って下まで見ていくと膀胱に大きい塊・・・

ただ、膀胱の中に結晶だかヌベクラだかある方はいますので、辺縁見ると比較的整。

小さい石かなー? つまってんのかなー? でも見えねーなー・・・

で、チト気になったので、カラーをあてたら、拍動性のflow!

RIを計測すると高め・・・膀胱壁を確認すれば、なんだか一部は不明瞭?・・・

エコーの所見には書けませんが、まさか、膀胱直腸瘻?

 

とりあえず、膀胱ガンの可能性があると所見には記載し、

オフレコで、内科のドクターに膀胱直腸瘻あるかも?と言ったら

まービックリ! でも可能性あるよ、臨床症状と一致するよ!と。

 

具合もよくないため、救急搬送し、搬送先で造影CT施行したら、案の定、膀胱直腸瘻とのこと。

尿沈さで食物残さが見つかれば、この病気を念頭に置かないといけないのですが、まさかエコーで出会うとは・・・

ちなみに、この患者さんは、○次救急でエコーを行っているらしいです・・・あははー(爆)

 

以上、今回はこの数ヶ月で膀胱ガンにであった症例を書いてみました。

典型的な症例ではないと思いますが、何かの役に立つと幸いです。

 

 

リート | 検査技師のお話 | 23:24 | - | - | - | - |

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | 23:24 | - | - | - | - |

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
PR
MOBILE
qrcode
OTHERS
ヤフーニュース
占いモンキーなび
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH