<< 定額残業代 | top | 近況報告 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |

定額残業代 その2

 みなさん、こんばんは。
リート@しょうもない社員ってどーすりゃいいんだ??ま、関わらないのが一番かやっぱし!です。

病院の方では問題社員がいて先輩が頭を抱える毎日。
先輩の代わりに、そんな人の教育担当にさせられそうな勢い(爆)
って、先輩が単純にさじを投げたってトコのよう。

で、社労士の方では最近関与している事業所の社員にも問題があるようで。
弁護士先生と損害賠償請求の話がでてるので、よほどしょうもない社員であることは間違いなく。

モンスターな社員ってホント最近増えてきているのでしょうか?


さて、今日の話題は「定額残業代 その2」
前回の話題は、定額残業代を制度として使うのは手間もかかるし人件費の節約にもならない
可能性があると言ったトコでした。

ところが、最近になり、定額残業代の繰越しが可能な判決がでたとかでないとか?

ちなみに、定額残業代の繰り越しとは、例えば毎月3万円の定額残業代を払っているとします。
とある月の残業代が2万円、つまり1万円多く払っているのです。
この1万円多く払っている分を翌月に繰り越せるといった制度です。

次の月に4万円の残業代が掛かったとします。
通常の定額残業代では3万円+1万円=4万円を支払わないといけません。

ところが、前月多く支払った1万円を繰り越ししているので、
結果的に定額残業代の3万円のみ支払えばOKといった具合。


このもとになる裁判として、SFコーポレーション事件というのがあります。
この裁判ですが、結果的には定額残業代の繰り越しを認めた判決となります。

裁判では繰り越しを認めているようですが、個人的にはこの判決を鵜呑みにするのは危険と考えています。
詳細は省きますが、判決の内容をチェックして、やや理論的に不備があると感じました。

導入すること自体は否定しませんが(少なくとも私の関与先の会社では入れません!)、
導入をする場合は社労士の先生にしっかりした制度を作ってもらった方がベターと思います。



リート | 社労士のお話 | 01:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

スポンサーサイト

スポンサードリンク | - | 01:31 | - | - | - | - |
Comment









Trackback
URL:

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
PR
MOBILE
qrcode
OTHERS
ヤフーニュース
占いモンキーなび
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH