スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |

膀胱ガン

みなさん、こんばんは。

リート@寒波きましたねー!です。

 

関東で11月に積雪?降雪?あるのは何十年ぶりとか??

ちょっと雪かきしないといけないかなーと思ってましたが、

翌日も道路がガチガチに凍る事なく、ちょっとホッとしてます。

 

年末に向けてますます寒くなるんでしょうかね〜!

熱燗やりながら、ふるさと納税でもらったフグ刺しを食べようかと思ってます(笑)

 

 

さて、今日のお題は「膀胱ガン」

久しぶりに専門的な話題ですので、興味のない方はゴメンナサイ。

 

今の職場は泌尿器科はないのですが、この半年で出会いましたよ(汗)

泌尿器系のガンと言えば膀胱ガンの他、腎臓ガンや前立腺ガンなどありますが、

そんなに大きな職場でないため、出会う事はないだろうと能天気にエコーに勤しむ日々(笑)

ま、エコーない日の方が多いのですが(爆)

 

まずは、慢性腎炎の既往がある男性患者で血尿が最近出てきたので、腎臓のチェックの依頼。

サイズ(縦径・横径)、形、CECや皮質のエコーレベルが一般的かと思いますが、

私の場合はさらに、短軸で厚さ、皮質厚、さらに腎動脈のflowよりRIを出します。

 

エコーしながら、CKDなんだろーなーとか思いながら、

血尿あるし(顕微鏡的血尿だけど)、ないと思うけど、リスクファクターだし、

念のため膀胱をチェックしたら・・・いました(爆)

カリフラワーみたいなやつに拍動性のflowあり、尿沈さを追加したら異型細胞!

腎臓内科のドクターもさすがにビックリしてましたが、これがエコーのマヂ怖いところ。

ちなみに、この患者様は他の中規模病院の受診歴がありましたが、膀胱は完全にスルーしていたようです・・・

 

話は変わって、実は最近もう1件膀胱ガンがありました(多いわっっっ)

今度は食欲不振で膀胱炎を繰り返している女性の高齢の患者さん。

 

スクリーニングでエコーの依頼があったので、尿検査をしてからmalignancyのチェック。

腎臓に結構ゴッツイ水腎症があり、尿管を追って下まで見ていくと膀胱に大きい塊・・・

ただ、膀胱の中に結晶だかヌベクラだかある方はいますので、辺縁見ると比較的整。

小さい石かなー? つまってんのかなー? でも見えねーなー・・・

で、チト気になったので、カラーをあてたら、拍動性のflow!

RIを計測すると高め・・・膀胱壁を確認すれば、なんだか一部は不明瞭?・・・

エコーの所見には書けませんが、まさか、膀胱直腸瘻?

 

とりあえず、膀胱ガンの可能性があると所見には記載し、

オフレコで、内科のドクターに膀胱直腸瘻あるかも?と言ったら

まービックリ! でも可能性あるよ、臨床症状と一致するよ!と。

 

具合もよくないため、救急搬送し、搬送先で造影CT施行したら、案の定、膀胱直腸瘻とのこと。

尿沈さで食物残さが見つかれば、この病気を念頭に置かないといけないのですが、まさかエコーで出会うとは・・・

ちなみに、この患者さんは、○次救急でエコーを行っているらしいです・・・あははー(爆)

 

以上、今回はこの数ヶ月で膀胱ガンにであった症例を書いてみました。

典型的な症例ではないと思いますが、何かの役に立つと幸いです。

 

 

リート | 検査技師のお話 | 23:24 | - | - | - | - |

心電図検定受けたけど・・・

みなさん、こんばんは。

リート@株でやられました(爆)です。

 

うーん、やはり今は少し状況がヨクナイようで・・・

先月にチェックしていた銘柄がガッツリ下がってたので、

これはチャンス!とばかりに少し多めに買ってみたのですが、結果撃沈〜

予定より下がってしまいましたので、ナンピンせずに損切り。

今週くらいから少しずつ戻しているものの、買いなおすかどうかまだ悩んでます。

 

さて、きょうのお題は「心電図検定受けたけど・・・」

試験は先月、で、なんで今頃アップしたかというと、それは落ちたから(泣)

と言っても結果が出るのは10月!・・・??

 

ハイ、落ちた夢を見ただけです(爆)

でも、めっちゃ縁起悪っっ

 

回想になりますけど、、、今回1級を受けたのですが、結構しんどい問題が多かったですね。

2級の時はかなり余裕があって、問題を全部解いても30分は余裕があったはずですが、

1級は残り30分の時点で、まだ半分しか解いてなかった・・・

 

余裕かましてチンタラ解いていたのもありますが、残り30分で25問解いたのはキツかった。

でも、後半の問題の方が比較的解きやすかった気もしたり。

 

ちなみに、今年の1級の問題は五枝択一以外にも五枝択二の問題が数問ありました。

内容としては、PMI、AMI、CSA(VSA)、タコツボ、WPW、TdPとかかなー・・・

 

Af、AFLはもちろんですが、VTとPSVTを見分ける問題とかもあったよーな・・・

taller left rabitなんちゃらとか、LBBB?でのR/S比だっけ?とか記憶のカナタ(爆)

 

AVRTとAVNRTに関する問題もあった気がしたけど、

longR-PとかむしろEPSじゃね?とか感じる問題も・・・

 

あと、薬剤や臨床症状に絡めた問題もあったと思います。

と言っても、あまり聞かない薬剤だった・・・かな?

 

個人的には検査技師の認定心電技師よりレベル高いのかもとか思ったり

(認定とるつもりないけど!爆)

 

脱線しますが、技師会は医師会とケンカして別々の認定にしたのはおそらく失敗ですね。

そのために、他職種が受ける事ができる検定を作ったのではと思っています。

実際、受験者数は1000人は超えてる事と思いますし、

認定とはいえ、今後先細りする資格ではないのでは〜と思ってます。

 

検査技師の中で技師会と医師会の両方の認定資格を持っている人もいるでしょうし、

学会に参加して点数を稼ぐ時間や、受験するお金もある人には関係ない話ではあるのでしょう。

 

でも、そんな時間やお金のない人や、検査技師以外の医療技術者には

この心電図検定の受験を検討してもいいのかもしれません。

 

結果が出るまで1月ちょっと、なんとか受かってくんねーかなー・・・

 

 

リート | 検査技師のお話 | 23:24 | - | - | - | - |

講習と検定

みなさん、こんばんは。
リート@夏の暑さも一段落〜♪です。

久々のブログ更新ですが、いろいろ忙しくておりました。
ちょっと?心身ともに体調崩して通院しておりますが、大分よくなってきました(汗)


さて、そんな中で今日のお題は「検定と講習」

最近は社労士をちょいとお休みしておりまして、ここ数ヶ月は本職の検査技師の方を頑張っております。

ところで、ここ数年、検査技師会の方で動きがありまして、検体採取の講習会というものを行っております。
検査技師は検査をするのに検体の採取ができないという、ちょっと残念な資格であったりします(爆)
そこで、技師会が働きかけて検体の採取をできるように法令を変えようという動きがあり、
今年になりようやくできるようになったという経緯があります。

個人的にはあってもなくても(と言ったら失礼ですが)あまり業務に差し支えないと思っておりました。
でも、いざ講習を受けてみたら意外と知らない事が多く、やはり講習は必要だなと思った次第。

これからの季節はインフルエンザが流行るので、考えようによっては検体採取をしてそのまま検査ができるのは
かなり勝手がいいとも思えます(ただし、あくまでもクリニックなどの小規模の医院や病院に限ると思いますが)


さて、もう1つの検定ですが、今年になり心電図検定なるものが日本不整脈心電学会で開始されました。
検査技師の心電図の資格は、技師会が推進する資格と医師会が推進する資格が平行するという
相当オマヌケな状態であったりします。

個人的には技師会の言い分も分かりますが、医師の指示の下でしか検査できない検査技師が医師会とケンカしても
何のメリットもないような気がするんですが・・・

更新に手間とお金を掛けることが嫌いな私としては、医師会の賛同を得られない資格にはまったく興味ナシ(爆)
(両方取ればいいのですが、両方持っている技師はよほどお金と時間に余裕があるのでしょうね〜)

で、そんな時に出てきたのが、この心電図検定。
検査技師だけでなく、放射線技師、臨床工学技師、看護師、さらに医師も取る事ができる資格のようです。
しかも、一度取ってしまえば更新の必要なし!という、私にピッタリの資格(笑)

ということで、さっそく応募して試験を受けてきました。
今年は2級と3級のみだったため、2級を受けて、無事に?合格。
来年は1級があり、1級の上にはマイスターというのがあるので、気が向いたらマイスターまで取ろうかなぁと思っています。


私の感想としては、検体採取の講習会は余裕があれば受けた方がいいと思いますし、
心電図に携わるなら、心電図検定も受けてみるのもいいかと思います。

そんなに難しくはないので、興味がある方は是非取ってくださいね!
 
リート | 検査技師のお話 | 00:14 | - | - | - | - |

梅毒

みなさん、こんばんは。
リート@アイスコーヒーが美味しい季節になりました〜♪です。

って、そんなノンビリとアイスコーヒーを楽しむ程のフツーの暑さでもないですが(爆)
最近、バイトをすることになり、行き帰りでゆっくりカフェタイムを取るのが、
リラックスするひとときとなってます。

現在ハマっているのが、タリーズコーヒーのチョコリスタ!
これ、名前の通りチョコなので甘いのですが、
暑い中、コレを求めてタリーズに入り浸っています(爆)


さて、余談はこの辺で、今日のお題は「梅毒」
で、なんでこの話題になったかと言うと・・・私が掛かったからですっっ!!!
・・・というのは冗談で(笑)、最近健康診断でちょっと珍しい症例にあたったからです。

梅毒の検査法は現在の主流はSTS法とTPHA法の2種類の検査を組む事が多いと思います。
梅毒に感染しているとSTS・TPHA両方陽性反応がでます。
で、問題なのはどちらかしか陽性と出なかった場合です。

STS法のみが陽性の場合は、生物学的疑陽性(BFP)というものがあります。
早い話が、陽性だけどウソぴょん!ということです(実際には数ヶ月後再検査が必要の場合がありますが・・・)
このパターンは結構目にするので、まぁフツーの?検査技師なら慌てる事もありません(ホントかいな??)

TPHA法のみが陽性の場合は少しやっかいです(実は今回はこのパターンです)
実際TPHAが疑陽性の確率は5%以下と非常にまれだからです。

よくあるのが、治療後の梅毒なのですが、今回は梅毒の既往歴がない(と考えられる)人だったのです。
では、この時考えられる事は??というと、
特定のウィルス感染、梅毒(トレポネーマ)に似た類縁菌による感染(歯周病とか)、
あとは一部の自己免疫疾患くらいしか考えられないようです。
そうは言ってもケースとしてはやはり稀です。

では実際にどうすんのよ?というと、FTA-ABSという他の検査法を行うことが一般的と思います。
場合によっては、了承を取ってHIVや肝炎ウィルスなど、他の検査も組み合わせて一緒に検査する事が多いでしょうか。

今回のケースでは、FTA-ABSは陰性だったので、おそらく梅毒に既感染していたが、
風邪等による抗生物質により知らぬ間に治っていたという推測に達しました。
(実際は該当者には今は梅毒に掛かってないので、気にしなくてだいじょぶですよ!とお話したようです)

今回の症例を経験して、悪い事には気をつけよう!と再度考えさせられる事例でした(爆)


 
リート | 検査技師のお話 | 01:06 | - | - | - | - |

下血、腹痛、嘔吐、さて何でしょう?(笑)

みなさん、こんばんは。
リート@地獄を見てきました(汗)です。

さてさて、1年振りの更新です。
ココんとこ、かーなーりバタバタしておりまして・・・
精神的にも肉体的にも老け込んでしまいました〜!
後数年は落ち着く気配ないですわ(泣)

でも、ちょこちょこブログは、あっぷしていきまっせーと思っています(自身が無いけど〜♪爆)

で、お題である「下血、腹痛、嘔吐、さて何でしょう?」です(笑)
今年になって、体調不良がしばしばあり、精神的にも参っていた矢先に事件発生。

お暇をいただき、実家に帰省した時の事。
夜中に突然の腹痛に襲われ、トイレに駆け込み、そのまま嘔吐。
その後、オナカを下す感覚に襲われ、用を済まして、、、あら、ビックリ!
なんと、便器が真っ赤っかー!

思い当たる節もないため、さてどうしたことかと悩んだけれど、とりあえず就寝(爆)
で、次の日、やっぱり下血がヒドく、腹痛もあまり治まる気配もないため、救急受診。

医者「真っ赤な下血は、とりあえず急いで治療しなければならない病気はないんですよね」
オレ「はい」
医者「出血の場所ですけど、よくあるのは肛門周囲、もしくは、えーと・・・」
オレ「・・・下降結腸ですかね〜(苦笑)」
医者「・・・」
オレ「・・・(汗)」
医者「えっと、、、仕事は?」
オレ「検査技師です、エコーやってるので」
医者「(苦笑)そうですか、じゃ、とりあえず、採血してそれを見てからにしましょう」

で、採血結果は、炎症反応も上がっていたので、そのまま入院。
絶食、点滴を4日ほどして痛みが落ち着いた頃、胃カメラ、大腸カメラを施行。
胃カメラは問題なし、大腸カメラはやはり虚血性腸炎が一番疑わしいとのことでした。

退院後、外来に一度受診して様子を話したときの事。

医者「虚血性腸炎の原因なんだけどね〜、ちょっとわかんないんだよね。」
オレ「はぁ」
医者「でも、痛みはないんでしょ?」
オレ「はい、今は問題ないです」
医者「じゃ、これで、終診にしましょう」

で、終了。
ちなみに、、、虚血性腸炎ですがリスク要因は、

・年配者もしくは女性(オレ30代♂・・・)
・便秘の方(むしろ緩い方・・・)
・糖尿病などの動脈硬化がある方(血糖値もA1cも正常・・・)

あと、食中毒でも起きるとのことですが、細菌培養は問題なし。

結局、原因不明です(爆)
まぁ、多分ストレスが原因だと考えてます。

みなさんも、お気をつけあれ!
 
リート | 検査技師のお話 | 21:34 | - | - | - | - |

AICS

 みなさん、こんばんは。
リート@ご無沙汰です、一応元気にしています(笑)です。

個人的な環境の変化がありまして、バタバタしておりました。
2ヶ月くらいでしょうかね〜。
その間、心配して連絡をしてくれた方もいまして、ホントありがたい限りです。


さて、今日のお題は「AICS」(リンク先はウィキペディアです)
AICSはAminoIndex Cancer Screeningの略です。

どんな検査かと言いますと・・・
血液中のアミノ酸濃度バランスを解析する事によって、ガンに罹患しているリスクを予測する検査。
極端に言うと、ガンに掛かりやすいかどうかが分かる検査。

あくまでも「なりやすいかどうか」であり、今ガンであるか分かる検査ではないのであしからず(笑)

ちなみに、AICSは男性4種類(胃、肺、大腸、前立腺)、
女性5種類(胃、肺、大腸、乳腺、子宮・卵巣)を見ます。

判定はA〜Cの3段階
Aは、有病率0.03-0.07%
Bは、有病率0.13-0.21%
Cは、有病率0.40-1.16%

だそうです。

ちなみに、対象年齢が決まっておりまして、
胃、肺、大腸、乳腺のがん(25〜90歳)
前立腺のがん(40〜90歳)
子宮・卵巣のがん(20〜80歳)

採血にもいろいろと制限があります。
まず、食後8時間以上あけて、午前中に採血する事。
アミノ酸の入っているサプリメントやスポーツ飲料、アミノ酸製剤はもちろん、
牛乳やジュースも飲んではいけません。
妊娠中の方はデータに影響があるので、ダメのようです。

あと、採血管はEDTA-2Naの採血管以外はダメですので、採血する人は要注意です。
(私の資料にはそう書いてありますが、ひょっとすると他の採血管でも可能かも?)

人間ドッグで取り入れている施設が多いかと思いますので、調べてみてはいかがでしょうか?
コチラでどうぞ(臨床アミノ酸研究会ホームページより)

値段ですが、社労士的に言うと病気ではないので(笑)当然ながら健康保険は使えません。
男性は4項目、女性は5項目で16000円だったかな?(ちょっと覚えてない・・・)
また、男性は前立腺のみ、女性は乳腺と子宮・卵巣だけ検査する事も可能だったと思います。
(値段は忘れましたが・・・汗)

ちなみに、私もやってみましたが・・・前立腺がC判定でした(滝汗)
でも、40歳になってないので、かんけーねーやー(爆)

興味がある方は、受けてみてもいいかもしれませんね♪



リート | 検査技師のお話 | 00:26 | - | trackbacks(0) | - | - |

虫歯になれば心臓がやられる??

 みなさん、こんばんは。
リート@年に1度のお祭りで〜す♪(笑)です。

なんのこっちゃない、現在、算定基礎届と賞与支払届のデータと闘っております(滝汗)
手元にあるデータをチョコチョコ処理して、ようやく半分終了したところ。
残り半分、今週中に仕上げたいと思っております。

だがしかし、そんな私の思惑を脅かす事が!

なんのこっちゃない、明日からホントにお祭りがあります(笑)

成田では祇園祭が3日間ありまして。
明日からなんですよね。

年に1度のお祭り、社労士&検査技師の仕事しっかり終わらせて祭りを楽しみたいと思ってます。


さて、今日は「虫歯になれば心臓がやられる??」です。
風が吹けば桶屋が儲かるみたいな感じで書いてみました。

コレ、何を意味するかというと、極端な話、虫歯が原因で心臓の手術をする可能性って低くはないということ。

虫歯により血液の中に細菌が混入し、その細菌が心臓の弁というところに付着すると細菌の塊ができます。
それが大きくなると、弁を破壊し、最悪心不全になってしまうこともあるのです。


細菌が血液の中に入ったら危険なんじゃ!と思うかもしれませんが、
単純に細菌が混ざっただけではそんなに心配はいりません(いわゆる菌血症といいます)

しかし、その細菌が体に悪さをした場合、敗血症という状態になります。
敗血症は放っておくと、死に至る危険な状態です。


話はそれましたが、大きい細菌の塊は、時にちぎれて全身に飛ぶ事もよくあります。
塊が頭に飛ぶと脳梗塞、脾臓に飛ぶと脾梗塞。

実際、フツーに起こりえることです。

虫歯の治療後に熱が出た場合、このような事が起きる可能性があるので、
頭に入れておくと良いかもしれません。


リート | 検査技師のお話 | 22:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

急性冠症候群とcabrera sequence

 みなさん、こんばんは。
リート@ウアモウかわいーじゃねーのー♪です(笑)

先日、ちょいと「2k540」に出掛けておりまして。
で、そこにあったイメージキャラクター?がなかなかカワイイ感じでして。
で、今後ブレイクする!(と勝手に思っている!爆)ので、ストラップを購入しました!

さて、今後人気は出るのか? 要チェックしたいと思います。


さて、今日のお題は「急性冠症候群とcabrera sequence」

ちなみに、急性冠症候群はどんな病気かというと、心筋梗塞や狭心症などを総称した呼称です。
現場ではよくACS(Acute coronary syndrome)と言っています。

ちなみに、医療現場ではよく略語が使われる事が多かったりしまして。
急性心筋梗塞はAMI、不安定狭心症はUAPなどと言ってますね。


cabrera sequenceとは心電図を見る時に、それぞれの誘導のを並び替えた並び順と言った具合と言えば分かりやすいでしょうか?
ここが絵付きで分かりやすいかと思います。

心筋梗塞の診断には、心電図は非常に大事な検査になりまして。
心電図を記録した時にどの誘導で異常な波形が出るかでおおよその病変が分かるのですが、
cabrera sequenceを使うとどの冠動脈が閉塞しているのか、より詳細な部位が分かるといった次第。

今後、心電図の勉強をする人は、cabrera sequenceを理解しているとかなり重宝すると思われます。

興味のある方はゼヒ調べてみてはいかがでしょうか?


リート | 検査技師のお話 | 15:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

KCJL2012

 みなさん、こんばんは。

リート@車のキーと家のカギを車の中に入れたまま、インロック!(滝汗)です。

車で駅まで迎えに行こうと、出る前に助手席をちょいと整理して、
カギを中に入れたまま助手席のドアをロックせずにそのまま閉めたらなぜか開かず・・・

一気に冷や汗が・・・しかも携帯も車の中!、とりあえず不動産屋に駆け込んで便利屋さんに電話。

待つ事20分、業者さんが到着し家のカギを解錠してもらおうと思ったが・・・
なんか、言い訳ばかり言ってカギが開かないのなんのって(笑)

結局、車の窓を強引に?開けてもらい、カギをゲット。
しめて¥12000也(爆)

軽だと安いという事だが、、、なんかボッタクられた気分。
そういや、ディーラーさんも「インロックには気をつけてくださいね!」とか言ってたっけ。
ま、しょうがないので今後気をつけまっす!(笑)


さて、今日のお題はKCJL2012
心臓や血管の学会に京都まで行ってきました。



年に1度ある学会でして、これにはなるべく時間を作って参加してます。
正直なところ、社会保険の取得など400件以上いろいろバタバタして行けるか不安でしたが、
土日返上で仕事して何とか時間ができたので参加した次第。

最近は仕事(検査技師のよ!)で求められるレベルがメチャメチャ高くなってきているので、
さすがに新しい知識、情報、技術を仕入れないと!といけない状況。

でないと、後輩に仕事を教えてあげられないですし、教える事ができないと自分のスキルも磨けない。

意外と分からない人が多いようですが、コレ、個人的にはOJTのキーポイントと思っています。
自分のスキルを伸ばすためには後輩に仕事を覚えてもらうのは大事な事ですし、教える事も大事な事です。


さて、話は戻りますが、学会は昼間だけなので当然?夜はあいてまして!(笑)

で、京都のオネーチャンをナンパでも!と行きたいところですが(行くなよ・・・)
高校の友達と久しぶりに一杯やってきました。


ヤロー2人で四条あたり(多分)のお好み焼き屋で舌鼓。

この年になると、体のどっかが悪くなるだの、ローンがあーだの、話す事が変わってきたなとつくづく思いますが、
思うだけでやっぱり深くは考えないのがウチらの良いトコ(良いトコなのか?爆)


ちなみに、友達は緑内障の気があるとか言っていたので、定期的に受診した方がいいよ!と助言。

そんな私は、健康診断で視神経乳頭陥凹拡大と言われても受診する気ナシと報告(爆)

ん〜こんなアホなノリがイケるのは、コイツらだけなんだろうなー。


そして、シメにはやっぱりラーメン屋(京都なのに九州ラーメン!爆)


意外と、と言っては失礼ですが、美味しかったです。


ちなみに、京都なので観光でも〜♪と行きたいところですが、仕事があるため結局観光はせず(泣)

夜行バスでトボトボ帰途に着きましたとさ。



リート | 検査技師のお話 | 22:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

大動脈解離

 みなさん、こんばんは。
リート@届出書類にイチャモンつけられて、ちぃーとばかし参ってます(汗)です。

年度始めってことで、社労士の業務で社会保険の資格取得届を提出しているのですが、
某M年金事務所から早速クレームが!

他の年金事務所では聞かれないような細かいとこまでネチネチ?聞いてくるもんで、まぁ困ったもんです。

とは言っても、受理してもらえないと保険証が来ないので、大人しく言う事を聞いてますが、、、

ちょっとしたミスがあったら、ココぞとばかり言ってやろうかと思ってます。
ま、たぶん、怖じけついちゃって無理ですがね(爆)


さて、今日のお題は「大動脈解離」

とりあえず検索してみたらヒットしたのでコチラがよいかも??

簡単に言うと、心臓から出た大きい血管(大動脈)が裂けてしまう病気です。
裂けると言っても、血管の層が2つに分かれてしまうと言った具合。

もちろん、血管自体が裂けて血液が血管の外に出てしまうような状況では、
ほっといたらもちろんすぐ死んじゃいます。

ちなみに、高血圧がある人によく起こると言います。


で、とある日に救急患者のエコーをしていた時に起きました。

結論から言うと大動脈解離であったのですが・・・

救急患者の検査をする場合、検査室までの搬送が車いすorストレッチャー(移動式ベッドみたいなもんです)
にも関わらず、この方はフツーに歩いてきました。
しかも、痛みがあまりないようで、ケロッとしてたり。

実際この病気になると、激痛でまぁ大変みたいです。
しかも、痛みの場所がハッキリしなかったり変わったりすることもしばしばあるよう。

さらに、今回の検査はレントゲンでの心拡大と異常心音の原因精査。

パッと見、大動脈弁がおかしいことに気づき、解離の可能性もあるっちゃあるが、
解離の時に出てくるエコー所見がパッとしないので、診断に苦慮。

で、最後に下大静脈(心エコーの時はよく見るんです)の観察時にたまたま大動脈が見えて、
その時に完全に裂けている血管が見えた瞬間、顔面蒼白・・・

私はその場で、「動かないで〜、楽な格好で寝ていてね〜(滝汗)」と絶叫・・・
たまたま見に来ていた研修医の先生は、ソッコー救急室に電話・・・

救急室に戻ってから、CTを撮って、オペ室に直行。


今回は血管の解離が心臓を出てスグから足の分岐直前くらいまで割れていたよう。

フツー痛いだろ、そこまで割れてりゃ!(爆)

ちなみに、解離が心臓を栄養する血管(冠動脈)まで及んでいた場合、心筋梗塞のような症状が出ることもあります。
また、心臓の外側に血液が貯まってしまうこともあるのですが、
心臓が血液を拍出できないような感じになり亡くなってしまう事も(心タンポナーデ)

てな、具合で結構オッカネー病気であります。

今回、無事に診断までこぎ着けて一安心。
オペも無事に終わったようです。


みなさんも高血圧にならないように気をつけてください!


リート | 検査技師のお話 | 21:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
1/4PAGES | >> |

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
PR
MOBILE
qrcode
OTHERS
ヤフーニュース
占いモンキーなび
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH